「農」と「福祉」の協働をめざして
「農業分野における障がい者雇用実証事業」とは 事業の目的

園芸農家の仕事には、単純な手作業がたくさんあります。そのような部分へ障がい者を無理なく就労させることは、障がい者の雇用機会創出だけでなく、園芸農家の雇用安定にもつながります。
この事業では園芸福祉士※と連携しながら、農業法人等における障がい者雇用の取り組みをモデル的に実施することで、障がい者による農作業補助を実施する上での課題の把握や適切な推進方法を検討しました。
※園芸福祉士とは、園芸福祉活動を地域に根付かせていくコーディネーター役です。

事業の内容

この事業は、愛知県から特定非営利活動法人「花と緑と健康のまちづくりフォーラム」への委託事業です。
「花と緑と健康のまちづくりフォーラム」は、園芸福祉士を新規雇用し、農家等に派遣しました。派遣された園芸福祉士は、以下の業務を行いました。

●受け入れ農家で障がい者の就労を支援(障がい者が行う農作業の補助)
●障害者が実施した作業の内容、従事の結果(成果)の取りまとめ、園芸福祉士の活動内容の報告
●農業分野における障がい者の雇用に関する課題や雇用促進に向けた推進方策についての意見や提案
●その他事業の目的に関する事項

相関図